忍者ブログ
日記なのか何なのか…気侭に語る
 ※記事内画像はクリックで拡大……される事もあるとかないとか。

[382]  [381]  [379]  [378]  [377]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370
■ 2017/09/26   [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■ 2011/07/23   突発SS【だから私は】
FIVEのとあるキャラの過去話

もう説明いらんじゃろ!
総八発作的自己満足突発SS。

*****************

【だから私は】


  いつも最後に言ってくれる一言
  だから私は頑張れた


 最後の書類にサインをし、それを手渡した。
 涼しげな顔でチェックをするカガミトから目を逸らし、私は椅子の背もたれに全身を預ける様にして深く息を吐いた。
 すっと目の前の机上に書類が戻る。
 細い指が一点を指した。
「ここ、サイン漏れです。」
 ・・・・・・。
 ずり下がっていた上体を戻し、椅子に座り直す。
 指し示された箇所にサインをすると、すっと今度は目の前から書類が消えた。
「はい、完了です。お疲れ様。」
 高く積まれた書類が机の端に揃えられた。
 カチャカチャと音がし、ほっとするような香りが漂った。
「どうぞ。」
 いつの間にか用意していたらしい香茶が目の間に差し出される。
「ありがとう。」
 少し掠れ気味の声。
 別に声を出していた訳でもないのに、書類と格闘している間に知らず喉が乾き切っていたようだ。
 カップを口に運ぶ。
 熱くはない。
 喉を潤していく心地よさに自然と小さな笑みが出た。
「途中、飲み物くらいお出しすれば良かったですね。気がつかず、すみませんでした。」
「いや、どうせ出されても途中では手を付けなかっただろう。こうしてゆっくり飲める方が嬉しい。」
 私の言葉に、カガミトがにこりと笑う。
 どうせ、分かっていての「今」なのだろう。
 少し温めの香茶は冷めたわけではない。
 きっとすぐに飲める様にと意図的に温くしてあるのだ。
 ・・・・・・。
 私がクククと思わず声を漏らして笑う。
 何事ですかと、突然の笑いに疑問の視線が向けられる。
「私がなかなか妻を迎えないのはお前の所為かもな。」
 呆れた顔がこちらを見遣る。
「なんですか、それ。そういった理由に私を担ぎ出さないで下さいね。」
 ポンとカガミトが積まれた書類に手を乗せた。
 厚みを確かめる様にポンポンと数回叩く。
「本当にお疲れ様です。本日中は無理かと思いましたが・・・」
 そこで一度言葉を切って、改めて私に視線を向けて笑顔で言う。

「頑張りましたね。」

 いつもの言葉。
 いつものタイミング。
 お前は知らないだろう?
 私は何処か心の奥で、その言葉を期待している。
 「頑張って」ではなく「頑張りましたね」
 そう、だから私は頑張るのだ。
 最後にその言葉が聞きたくて。

 そういう口癖なのだろう。
 別に意図しているわけではないのだと思うけれど・・・
 そんな事を考えているうちに、扉をノックする音が響く。
 特に了解を得るわけでもなく、一呼吸置いて扉が開く。
「失礼する。」
 眉間にシワを寄せて入ってきた男に私が軽く手を挙げる。
 同じ様に軽く応えたカズハは、その切れ長の目をカガミトに向けた。
 どうやら私に用事ではないらしい。
「カガミト、こちらの書類が紛れていなかったか?」
「ああ、これですか?」
 カガミトは不自然に避けてあった書類の一束をカズハに差し出す。
 不機嫌そうに書類をチェックすると、カズハは一度溜め息を吐いて書類を軽く上げた。
「大変ですね。それ、今から処理ですか?」
 カズハが恨めしそうにカガミトを睨む。
 満面の笑みでカガミトが言った。

「頑張って下さいね。」

 ・・・・・・ん?

「明日の朝一の会議に間に合う様に頑張れ〜。あはははは。」
「五月蝿い!!この化け物!!寝坊して遅刻するなよ!!」
 捨て台詞を残してカズハが出て行く。
 そろそろ日付も変わる時刻だ。
「・・・鬼だなお前。」
 カガミトがクスクス笑いながら答える。
「ま、カズハさんなら本気出せば終わる量ですし・・・何か?」
「いや、頑張って・・・って、カズハも可哀想に。」
 その言葉にカガミトは首を傾げた。
「カズハさんは、言えば言う程伸びる子です。」
 あまり意味はないのだろうか?
 それとも・・・
「じゃあ、私は?世話係殿。」
 冗談っぽく言ってみたら、カガミトが苦笑した。

「貴方には怖くて言えませんよ。」

 なんだそれ・・・
 黙って目を逸らした私を、カガミトはじっと見ていた。
「貴方は・・・」
 私は視線をカガミトに戻す。

「貴方はいつも十分に頑張っているでしょ?」
 カガミトは昔と変わらない笑顔で言う。
「もっと頑張れだなんて、私には言えません。」


 いつもいつもいつも

 ちゃんと見てくれている人がいた。

 だから私は




   「頑張りましたね、レツ様・・・もう、いいですよ・・・」

拍手[4回]

PR
Comments
Comment Form
HN
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackbacks
Trackback Address:
当ブログ内の文章・画像等の無断転載を禁じます

[忍者ブログ][[PR]
]
DIARY
管理者
総八 // NEO-MODEL
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索